[業務・商品案内]


棚板・テーブルトップ

 ガラスのエッジと小口を磨いて、棚板やテーブルトップにします。円形やだ円など曲線の加工も可能です。

 テレビ台や陳列棚の他、水槽のフタ、経机などさまざな用途でご注文を頂いています。
 最近はアジアン家具の人気からか、籐のテーブルにガラスの天板をつくって欲しい、というご注文もしばしば頂きます。

 下の写真は、上のような丸いガラスをテーブルのフレームに接着したものです。鉄工所さんとのコラボレーション作品です。(白い花の模様はカッティングシートです。カッティング・シートも承っております)




ボカシ・スリガラス加工

 いわゆる「くもりガラス」の加工も当社で行っています。左の上の写真は、下半分をくもりガラスにして、さらに桜の花びら模様を帯状にちりばめたものです。

 中央の写真は室内建具のガラスにバラと格子の模様をスリガラス加工で入れたものです。デザインとマスキング作成をデジタル化しているので、お客様のご要望どおりのデザインをつくることが可能です。

 下の写真は、間仕切りの一部として、掛け軸の山水画のデザインをブロンズガラスに入れたものです。
 和風のデザインについては、昔から和室の戸やらん間で使われたスリガラス用の型紙を何十種類も保管しておりますし、下の図のような「木爪(もっこう)」の柄も日常的に製作しております。

 
 
 デザインひとつで空間をモダンにも和風にも演出できます。最近では古民家や昭和レトロのブームの影響もあり、多様なスリ加工のご注文を頂いています。





穴あけ・えぐり・切り欠き加工

 ガラスへの穴あけ・えぐり・切り欠き加工も行っています。
 ガラス扉やガラスの表札など、ガラスに金物を取り付ける際になくてはならない加工です。
 最近では、デザインの傾向として、食器棚などのガラス戸の指をかける部分(引手・手掛け)を丸く穴をあけたものにしているのを見かけます。

 下の写真はガラス扉にCDの盤面をディスプレイできるようにしたキャビネットです。小口磨き、金物の穴あけ、盤面の部分以外のスリ加工など、当社の加工技術を組み合わせて製作しました。




 さまざまな形状・サイズの鏡も製作しています。取り付け工事もしております。
 市販品の姿見の修理もいたしますので、お気軽にご連絡ください。



デザイン・ミラー(名入れ鏡)

 鏡を裏から砂を吹き付けて彫って、さまざまな文字や絵を入れることができます。お店の名前などを入れて贈り物にする「名入れ鏡」がありますが、当社では、お客様のご希望するデザインのオリジナルなものを製作可能です。

 上の写真はお店のロゴマークや家紋を入れたサンプルです。

 下の2つは、フレームに入れて飾る、インテリアとして製作したものです。デザイン・ミラーは鏡の質感により、高級感を演出することができます。





ギフト品・記念品
(ワインボトル、グラス、ペーパーウェイトなど)

 ギフト品・記念品として、ワインボトルやグラス、ペーパーウエイトなどへの彫刻も承っています。





水槽、ガラス家具・什器など

 ガラス同士の接着による、水槽や家具などの製作も行っています。写真は、めずらしい縦型の水槽です。
 ガラス製品には真っ先に安全性の問題がついてまわりますが、お客様と入念な打ち合わせの上で、できるかぎりご要望に沿った製品づくりに努めています。




有限会社 岩崎ガラス工芸社
iwasakiglass.co.jp
Copyright(C) Iwasaki Glass Craft co.,Ltd.