[当社のあゆみ]

昭和2年
(1927年)
岩崎岩松(初代)が浅草のガラス会社から独立。東京でガラス店を開業。
昭和28年
(1953年)
戦争中、岩松の妻・マツの実家のある富久山町(現・郡山市)に移住。
戦後、マツの長女・政子と夫・美智雄(2代目)が富久山町で「山川ガラス店」として再開。山川の屋号はマツの実家の姓に由来。
ガラスの加工機械をそろえ、しだいにガラス加工業として特色をだしていく。
昭和54年
(1979年)
政子の三女・真知子と夫・秀夫(3代目)が「有限会社 岩崎ガラス工芸社」設立。
平成2年
(1990年)
工場を富久山町久保田から、現在の富久山町福原字宝田に移転。同時に主力の加工機械を刷新する。

有限会社 岩崎ガラス工芸社
iwasakiglass.co.jp
Copyright(C) Iwasaki Glass Craft co.,Ltd.